カロリーバスケットでは、チンゲン菜のカロリーと栄養について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

チンゲン菜のカロリーと栄養

チンゲン菜の写真

チンゲン菜100gのカロリー 9kcal

チンゲン菜の主な栄養素

ビタミンA/ビタミンC/ビタミンK/葉酸/モリブデン

期待できる予防効果

肌荒れ/便秘解消/貧血予防/不眠症/風邪予防

チンゲン菜100gのカロリーは、約9カロリー(kcal)になります。

チンゲン菜はアブラナ科の野菜で、適応力が高いため日本全国各地で栽培され出荷されています。

ちなみに日本でチンゲン菜の出荷量が一番多いのは茨木県になります。基本的にチンゲン菜は一年中スーパーなどで売られていますので、あまり旬を感じる野菜ではありませんが、春や秋などの穏やかな時期に最も出荷量が多くなり、味の方は冬場に入る前の10月が最も良くなります。

またカロリーは100gで9カロリーと低い上に、ビタミンやミネラルも豊富に含んでいるので、ダイエットに適した食品といえます。生で食べるには少しきついので、炒め物でやスープなどに上手く取り入れ、効率よく栄養を摂取していきましょう。

チンゲン菜の栄養


チンゲン菜は、ビタミンA・C・Kや、葉酸、モリブデンなど豊富に含まれています。
特にビタミンAに変わるβ-カロチンは、ピーマンの約5~6倍も多く含まれているため、
目疲れや肌荒れ時に食べると効果的です。
またカルシウムやナトリウムも含んでいるため、
チンゲン菜を食べることで高血圧や骨粗しょう症の予防にもなります。

ほうれん草などの野菜と比べると少し栄養価が下がりますが、
それでもバランスよくさまざまな栄養素を含んでいて、
なおかつ低カロリーで、食べ応えのある野菜なので、ダイエットにオススメの野菜です。

チンゲン菜の保存方法

買ったチンゲン菜は、ポリ袋に入れて冷蔵庫に立てて保存しておけば、最低3日は十分持ちます。
また冷凍保存などの長期保存をする場合は、根元を切り落とし、水気を十分に切った上で密封保存すれば良いです。

チンゲン菜(100g)カロリー 約9kcal

たんぱく質 0.6g
脂質 0.1g
炭水化物 2g
ビタミンA 170μg
ビタミンE 0.7mg
ビタミンK 84μg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB2 0.07mg
ナイアシン 0.3mg
ビタミンB6 0.08mg
葉酸 66μg
パントテン酸 0.17mg
ビオチン 1.3μg
ビタミンC 24mg
ナトリウム 32mg
カリウム 260mg
カルシウム 100mg
マグネシウム 16mg
リン 27mg
1.1mg
亜鉛 0.3mg
0.07mg
マンガン 0.12mg
セレン 1μg
クロム 1μg
モリデブン 7μg