カロリーバスケットでは、れんこんのカロリーと栄養について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

れんこんのカロリーと栄養

れんこんの写真

れんこん100gのカロリー 66kcal

れんこんの主な栄養素

ビタミンC/マンガン/カリウム

期待できる予防効果

肌荒れ/疲労回復/風邪予防/ガン予防/胃もたれ/胸焼け/下痢

れんこん100gのカロリーは、約66カロリー(kcal)になります。

れんこん(蓮根)は、スイレン科ハス属でハスの地下茎が肥大した部分のことをいいます。

れんこんの形は、外から見るとジャガイモのようにゴロゴロしていますが、輪切りにすると穴が多数空いており、それが「先の見通しが良い」という理由で縁起がいいとされ、今ではおせち料理に欠かせない物となっています。

日本では茨城県が全体の半数近くを生産しており、旬は10月から2月までの秋~冬にかけてで、秋始めに出荷されるものは、柔らかくあっさりした味わいですが、冬に近づくにつれ、段々と粘り気と甘みが増したれんこんが出荷されます。

れんこんの栄養


れんこんは、美肌効果や免疫力向上などに効果のあるビタミンCを豊富に含んでいる他、マンガンやカリウムなども豊富に含んでいます。

他にれんこんの特徴として、レンコンの粘り気の元である「ムチン」という成分は、胃壁を保護する効果や、たんぱく質の分解を手伝ってくれるので、胃もたれや胸焼けなどの時にれんこんを食べると効果的です。

また、れんこんには消炎止血作用のある「ポリフェノール」が含まれているので、
胃潰瘍や十二指腸潰になった時、下血を止める働きをしてくれるそうです。

意外と高めなれんこんのカロリー

れんこんは100g中66カロリー程あり、野菜の中では高カロリーな野菜の部類に入ります。

カロリーだけを見るとダイエットに不向きな野菜と思ってしまうかもしれませんが、
れんこんは不溶性の食物繊維を豊富に含んでおり、便秘予防・改善、大腸がんの予防に効果的な上、
血糖値の上昇を抑えてくれたり、コレステロールの吸収をある程度抑えてくれたりなど、
食べることによって「デトックス効果」を期待することができるので、
一概にもダイエットに不向きな食材とは言えません。

日々の食事の中で、上手にれんこんを取り入れるようにすれば、十分ダイエットにも繋がる野菜です。

れんこん(100g)カロリー 約66kcal

たんぱく質 1.9g
脂質 0.1g
炭水化物 15.5g
ビタミンE 1.8mg
ビタミンB1 0.1mg
ビタミンB2 0.01mg
ナイアシン 0.4mg
ビタミンB6 0.09mg
葉酸 14μg
パントテン酸 0.89mg
ビオチン 2.9μg
ビタミンC 48mg
ナトリウム 24mg
カリウム 440mg
カルシウム 20mg
マグネシウム 16mg
リン 74mg
0.5mg
亜鉛 0.3mg
0.09mg
マンガン 0.78mg
ヨウ素 9μg
セレン 1μg
モリブデン 1μg