カロリーバスケットでは、ピーマンのカロリーと栄養について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ピーマンのカロリーと栄養

ピーマンの写真

ピーマン100gのカロリー 22kcal

ピーマンの主な栄養素

ビタミンA/ビタミンC/カリウム

期待できる予防効果

高血圧/動脈硬化/美肌/風邪予防/疲労回復/糖尿病

ピーマンのカロリーは、約22カロリー(kcal)になります。

ピーマンはナス科トウガラシ属の果菜で、パプリカや唐辛子などといった野菜と同じ唐辛子の一種です。

ピーマンは日本各地で栽培されており、その中でも茨城県・宮崎県・高知県などが出荷量が多く、その他の地域でも通常の栽培やハウス栽培、また外国から常に輸入されているため、基本的に一年中売られており、いつでも手にすることができます。

そんなピーマンのおいしい旬の時期ですが、冬春ピーマン(11月~5月)、夏秋ピーマン(6月~12月)と一年を通していつでもおいしいピーマンを食べることができます。

ピーマンには強い苦味があるので、子供などには人気のない野菜ですが、最近では品種改良で苦味が和らいできており、少し好まれるようになってきています。

ピーマンの栄養素


ピーマンはとても栄養価の高い野菜で、その中でもビタミンAビタミンC、フラボノイド(ビタミンP)などたくさん含んでおり、
ビタミンA・Cは、細胞の働きを活発にしてくれるので、疲労回復にピーマンは非常に有効な食材です。
夏バテなどであまり食べ物が喉を通らない時に、積極的に献立にいれることをオススメいたします。

また『フラボノイド』などと呼ばれるビタミンPは、ビタミンCの吸収を補助するだけではなく、
毛細血管も丈夫にしてくれ、血液をキレイにしてくれる働きがあります。

なのでピーマンは、高血圧や動脈硬化の恐れがある方に、非常に有効な野菜です。

なおピーマンの栄養は熱しても栄養価が失われにくく、匂いや苦味取りに焼いても問題なくどんな料理でも合う使い勝手の良い野菜です。

ピーマン(100g)カロリー 約22kcal

たんぱく質 0.23g
脂質 0.05g
炭水化物 1.33g
ビタミンA 8.58μg
ビタミンE 0.21mg
ビタミンK 5.2μg
ビタミンB1 0.01mg
ビタミンB2 0.01mg
ナイアシン 0.16mg
ビタミンB6 0.05mg
葉酸 6.76μg
パントテン酸 0.08mg
ビオチン 0.42μg
ビタミンC 19.76mg
ナトリウム 0.26mg
カリウム 49.4mg
カルシウム 2.86mg
マグネシウム 2.86mg
リン 5.72mg
0.1mg
亜鉛 0.05mg
0.02mg
マンガン 0.03mg
クロム 0.26μg
モデブリン 0.78μg