カロリーバスケットでは、レタスのカロリーと栄養について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

レタスのカロリーと栄養

レタスの写真

レタス100gのカロリー 12kcal

レタスの主な栄養素

ビタミンE/ビタミンK/葉酸

期待できる予防効果

便秘改善/貧血予防/不眠/肌荒れ/口内炎

レタス100gのカロリーは、約12カロリー(kcal)になります。

レタスはキク科アキノノゲシ属の野菜で、主な産地は日本の生産量の約3分の1を占めている長野県になります。
基本的にレタスはスーパーや八百屋で一年中見かける野菜ですが、一応旬の時期は4月から6月と少し空いて11月~2月頃で、この時期は、安くておいしいレタスを食べることができます。夏場は長野県などの高冷地から、冬場は九州や四国などの暖かいところからレタスが出荷されます。

レタスはまたにキャベツと間違えられることがありますが、栄養素や食感など大きな違いがあります。
カロリーもキャベツよりレタスの方が低カロリーで、全体の90%以上が水分でできているので非常にみずみずしく、サラダなどの生野菜で食べられることが多いです。

またレタスには加熱に弱い栄養素がたくさん含まれているため、できるだけ炒めたり蒸したりせず、
生のままで食べた方が効率よく栄養を摂取することができるので、サラダなどで食べることをオススメします。

レタスの栄養


レタスには、血流を良くしたり、老化防止に効果のあるビタミンEと、たんぱく質を生成するのに必要なビタミンK
赤血球の生成を助ける葉酸などが豊富に含まれています。

またレタスを切断すると白い牛乳のような液が出てきます。
これは「ラクッコピコリン」という成分で、この成分は鎮静、催眠効果があるとされています。
ラクッコピコリンは、レタスの茎や芯に多く含まれているので
レタスの葉だけでなく芯もできるだけ食べるようにしましょう。

その他にレタスは食物繊維が豊富なので、
便秘気味な人は積極的に食べてデトックス効果を期待するのもいいでしょう。

レタス(100g)カロリー 約12kcal

たんぱく質 0.6g
脂質 0.1g
炭水化物 2.8g
ビタミンA 20μg
ビタミンE 0.3mg
ビタミンK 29μg
ビタミンB1 0.05mg
ビタミンB2 0.03mg
ナイアシン 0.2mg
ビタミンB6 0.05mg
葉酸 73μg
パントテン酸 0.2mg
ビオチン 1.2μg
ビタミンC 5mg
ナトリウム 2mg
カリウム 200mg
カルシウム 19mg
マグネシウム 8mg
リン 22mg
0.3mg
亜鉛 0.2mg
0.04mg
マンガン 0.13mg
ヨウ素 1μg

関連記事

即実践!レタスを長持ちさせる保存方法