カロリーバスケットでは、枝豆のカロリーと栄養について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

枝豆のカロリーと栄養

枝豆の写真

枝豆100gのカロリー 135kcal

枝豆の主な栄養素

たんぱく質/ビタミンB1/葉酸

期待できる予防効果

高血圧/貧血/スタミナ不足解消/便秘改善/

枝豆のカロリーは、約135カロリー(kcal)になります。

枝豆は未成熟な大豆を収穫したもので、品種よっては大豆として成熟させるのに適した品種と、枝豆として収穫するのに適した品種がありますが、基本的に収穫時期が異なるだけで大豆と枝豆は同一の植物です。

枝豆は一番出荷の多い県は千葉県、次いで北海道となっていますが、日本全国でも栽培されており、近年では冷凍物で出荷されているので1年中枝豆を食べるこができますが、新鮮な枝豆を味わえるのは、夏季6~9月になります。

おつまみに人気の枝豆ですが、痛風の原因となるプリン体や
他の野菜に比べて比較的カロリーが高めな野菜ですので、
くれぐれも枝豆の食べ過ぎには気をつけるようにしましょう。

枝豆の栄養素

枝豆は、豆と野菜の両方の栄養素を持ち合わせた栄養価の高い野菜です。
野菜にあまり含まれることのないたんぱく質、糖質をエネルギーに変換するのを補助するビタミンB1
ナトリウムを体外へ排泄する役割を持つカリウム
また食物繊維や貧血の予防効果がある鉄分なども豊富に含んでいます。

また枝豆のたんぱく質に含まれる「メチオニン」を摂取すると、
ビタミンB1やビタミンCと共にアルコールを分解してくれるので、二日酔いに効果があり、
イソフラボンやサポニンなどの抗酸化成分も多く含まれているので、生活習慣病の予防効果も期待できます。

枝豆は野菜の中ではカロリーが高めですが、アミノ酸バランスも非常によく、
お肉や魚以外でのタンパク質摂取の手段として、とてもおすすめできる食材です。

そのため、ダイエット中のたんぱく質の摂取目的として、枝豆を献立メニューに取り入れることが多く、
葉酸も豊富に含んでいるのでダイエット中の貧血予防にも繋がる意外にもダイエットに向いている野菜です。

枝豆(100g)カロリー 約135kcal

たんぱく質 16.15g
脂質 8.56g
炭水化物 12.14g
ビタミンA 30.36μg
ビタミンE 1.1mg
ビタミンK 41.4μg
ビタミンB1 0.43mg
ビタミンB2 0.21mg
ナイアシン 2.21mg
ビタミンB6 0.21mg
葉酸 441.6μg
パントテン酸 0.73mg
ビオチン 15.32μg
ビタミンC 37.26mg
ナトリウム 1.38mg
カリウム 814.2mg
カルシウム 80.04mg
マグネシウム 85.56mg
リン 234.6mg
3.73mg
亜鉛 1.93mg
0.57mg
マンガン 0.98mg
セレン 1.38μg
クロム 1.38μg
モリデブン 331.2μg