カロリーバスケットでは、大根のカロリーと栄養について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

大根のカロリーと栄養

大根の写真

大根100gのカロリー 18kcal

大根の主な栄養素

ビタミンC/葉酸

期待できる予防効果

消化不良/風邪予防/肌荒れ/抗酸化作用/冷え性/動脈硬化/胃潰瘍

大根100gのカロリーは、約18カロリー(kcal)になります。

ダイコンはアブラナ科ダイコン属の野菜で、日本各地で栽培されています。
日本で大根の出荷量が多いのは北海道や千葉県などで、スーパーや八百屋などで一年を通じて簡単に手に入れることができます。
大根の旬は11月から2月の冬場で、この時期の大根はみずみずしく、甘みがあります。

また大根は消化を助けたり、低カロリーだったりなどダイエットにやさしい野菜です。
さらには、風邪予防や肌荒れ、冷え性など、さまざまな効果が期待できるので、ダイエット以外にもさまざまなことに役立つ上、
他の食材とも比較的合わせやすいので、さまざまな料理に使うことができるのも魅力の1つです。

大根の栄養


大根はビタミンC葉酸が豊富に含まれています。
また大根に含まれる「グリコシダーゼ」や「ジアスターゼ」という消化酵素が胃腸を整えてくれる効果があります。
このジアスターゼには、発ガン物質の解消や高い解毒作用があり、
胃酸過多や胃のもたれ、胸やけなどにも有効です。

他にも「アリルイソチオシアネート」という辛味成分には、抗癌・抗菌作用があり、
大根を生で食べて辛いと感じるのはこの成分が含まれているためです。

大根のオススメの食べ方

大根にはビタミンCが豊富に含まれていますが、
大根の中心部よりも表面の皮のほうがビタミンCを多く含んでいます。
ですので大根の皮をなるべく剥かずに、生の状態で食べることをオススメいたします。

また大根の葉には、根には含まれていないビタミンB1ビタミンB2
カルシウム、ナトリウムなどのミネラルを成分を含んでいるので、
大根の葉も上手に調理して食べるようにしましょう。

大根(100g)カロリー 約18kcal

たんぱく質 0.4g
脂質 0.1g
炭水化物 4.1g
ビタミンB1 0.02mg
ビタミンB2 0.01mg
ナイアシン 0.2mg
ビタミンB6 0.05mg
葉酸 33μg
パントテン酸 0.11mg
ビオチン 0.3μg
ビタミンC 11mg
ナトリウム 17mg
カリウム 230mg
カルシウム 23mg
マグネシウム 10mg
リン 17mg
0.2mg
亜鉛 0.1mg
0.02mg
マンガン 0.04mg
ヨウ素 3μg
セレン 1μg
モリデブン 2μg