カロリーバスケットでは、葉酸の効果について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

葉酸の効果

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種で、ビタミンMとも呼ばれており、赤血球の形成を補助する栄養素です。
最初に葉酸が抽出されたのはほうれん草からで、名前の通り、植物に多く含まれています。
葉酸という栄養素は、細胞尾増殖をするためのDNAの合成に必要な栄養素なので、
胎児が正常に発育していくために重要な働きを行うため、
妊娠を希望している女性、また妊娠している方は日常から葉酸を体内に摂取おくと良いでしょう。

葉酸の働きについて

葉酸は、胎児の神経管閉鎖障害を予防する効果があり、非常に妊婦や胎児にとって重要な栄養素です。
妊娠が発覚してから初期の段階で、葉酸を十分に摂取することによって、神経管閉鎖障害のリスクを軽減することが可能です。

しかしながら、妊娠した時期を正確に予測するのは難しいので、
常日頃から葉酸が多く含まれている食品を意識して食べていることが大切になってきます。
また、赤ちゃんが生まれてからも、葉酸は乳幼児の発育に大きな影響を及ぼすため、
授乳中にも葉酸が不足しないように摂取する必要があります。

また他の働きとして、葉酸は新しい赤血球を生成するのに必要なビタミンで、
ビタミンB12と一緒に補酵素として働き、赤芽球の合成に関わっており、
さらにはビタミンB6・B12と共に、「ホモシステイン」というアミノ酸を「メチオニン」や「システイン」に変換します。
この「ホモシステイン」という物質が血液中で増えすぎると、血液凝固や血管内皮細胞の機能に影響を及ぼし、
結果として動脈硬化の原因となってしまいます。

なので、葉酸を摂取することで、動脈硬化の予防にも繋がります。

過剰摂取してしまうと?

葉酸は、普通の食事で一日の摂取量の上限を超えることはないですが、
サプリメントなどで過剰に摂取しすぎると、発熱や蕁麻疹などのかゆみ、また呼吸障害などがあげられます。
これらの症状は、身体が葉酸に対して過剰反応によって起こるトラブルですのでので注意してください。
サプリメントなどで足りてない栄養素を摂取する場合は、
どの栄養素でも用法を守りくれぐれも過剰摂取をしないように気をつけましょう。

不足すると?

葉酸は、腸内細菌によってつくられる栄養素のため、普通であれば不足することはないものです。
しかしながら、一時的に必要量が増える妊娠中の女性は不足してしまう可能性があります。
また、お酒をよく飲む人や、避妊薬のピルを使用している場合も、不足してしまうことがあります。

葉酸は赤血球をつくる働きを持っているため、不足してしまうと赤血球がいいように生成されず、貧血の原因となります。
しかも、妊娠さんが初期の段階から葉酸が不足した生活を送っていた場合、その胎児の神経管閉塞障害の危険性が高まり、
ひどい場合は、無脳症や二分脊椎という重度の先天性異常が起こります。

葉酸が不足してしまうと、場合によってはかなり危険なことですので、いつもバランスの良い食事を心がけるようにしてください。

葉酸が多く含まれる食品

葉酸が多く含まれている食材は、ほうれん草・モロヘイヤなどの葉物野菜から、アスパラガス枝豆
果物ならいちごやライチ、マンゴーやアボカド、肉類ならレバーなどが豊富に含まれています。
またオススメとして、調理や、長期間保存しておくと酸化や、せっかくの葉酸を破壊してしまうことがありますので、火を加える必要がないサラダや、フルーツを食べて葉酸を摂取してみてはいかがでしょうか。

ダイエットだけではなく心臓発作にも有効な栄養素


葉酸は妊娠前や妊娠初期のダイエット用サプリメントとしてよく使用されますが、
葉酸は血液に含まれる「ホモシステイン」を減らす働きがあるとされています。
そのため今現在では、循環器疾患や心臓発作を防止する効果があると考えられている栄養素です。