カロリーバスケットでは、ビタミンKについて詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ビタミンK

ビタミンKはK1からK7の7種類が存在し、K1(フィロキノン)と(メナキノン)K2は自然に存在します。
これらはどちらも体の中でほぼ同じ働きをし、K1は主に葉緑体で作られ、
海藻類やほうれん草などの緑色の濃い野菜などに多く含まれます。
ビタミンK2は主に微生物によって作られるので、納豆や味噌、チーズなどの発酵食品に多く含まれている他、
肉類や、乳製品などにも豊富に含まれています。
またビタミンK2は腸内細菌によっても合成され、その合成される量は体に必要な量の半分ほどと言われています。

ビタミンK2には11種類の同族体 がありますが、食品に多く含まれるのは、
動物性食品に広く含まれているするメナキノン-4と、
納豆菌によって生産されるメナキノン-7です。
基本的にビタミンKとは、フィロキノン・メナキノン-4・メナキノン-7を総称したものです。
ビタミンK3というものもあるのですが、天然には存在せず、大量摂取すると毒性が認められる場合があるため、
使用することは認められていません 。

ビタミンKには、各種タンパク質のグルタミン酸をγ-カルボキシグルタミン酸に
変換する時の補酵素としての役割があります。
例えば擦り傷などで出血してしまった時、時間が経つと出血は自然に止まりますが、
これは血液を凝固させるのに必要なたんぱく質(血液凝固因子)が存在するから出血が止まるのです。
その必要不可欠のたんぱく質を生成するのに必要な栄養素がビタミンKなんです。

またその一方で、血液は出血した場所以外では正しく流れていないといけません。
その血流の流れを保つためは、血液の凝固を抑える物質が必要になってくるのですが、
ビタミンKはこの物質の生産にも関わっています。

骨の健康を保つ効果

ビタミンKはその他の働きで、ビタミンDと一緒に骨の健康を保つ働きがあります。
ビタミンKには骨にカルシウムを取り込む際に必要不可欠な「オステカカルシン」という
たんぱく質を活性化させる大切な働きがあります。
また骨からカルシウムが排出されるのを抑える働きもあり、ビタミンDと並んで骨にとって重要なビタミンの1つです。

ビタミンKが不足すると‥‥?

ビタミンKが不足していると、擦り傷や切り傷、内出血の際に血液を凝固するのに
時間がかかったり、鼻血が出やすくなる傾向があります。
またカルシウムが骨に取り込まれにくくなるため、次第に骨が脆く、弱くなっていきます。

ただ、ビタミンKは体内の腸内細菌からもつくられるため、私たちの日常生活で欠乏症の心配はほぼありません。
欠乏症になりやすい人は、長い間抗生物質を服用して腸内細菌が通常より少なくなっていたり、
肝臓に何らかの障害があり、胆汁の分泌が悪い人はビタミンKが不足しやすくなります。