カロリーバスケットでは、ビタミンEについて詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ビタミンE

ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種で細胞膜に多く存在し、身体の酸化を抑える(老化)抗酸化作用で
過酸化脂質ができるのを防ぎ、生活習慣病の予防効果がある栄養素の一つです。

ビタミンEは抗酸化作用の他に血液の循環を良くしたり、毛細血管を拡張する効果によって、
肌の奥深くまで血液が巡回し、肌荒れを予防する美容効果もあります。

また性ホルモンの生成を補助し、生殖機能の働きを守る効果もビタミンEにはあります。
年をとり更年期に入ると性ホルモンのバランスが崩れる時があり、
その時にビタミンEを十分摂取することでこれを改善する働きもあります。

ビタミンEが不足すると‥‥?

ビタミンEは不足してしまうと体内の酸化を速めてしまうので、全体的に健康レベルが低下してしまいます。
普通であれば、日本の食生活でビタミンEが不足するのは稀ですが、
不足した場合、脂肪吸収障害や溶血性貧血、動脈硬化などのリスクを高めてしまいます。

ビタミンEを過剰摂取してしまうと?

成人のビタミンEの1日あたりの上限量は、男性で800mg、女性で700mgとなっており、
ビタミンEの効果をある程度得るためには、1日あたり100mから300mg程度は必要です。
ビタミンEは脂溶性のビタミンなので、必要以上に摂取すると過剰摂取になってしまう恐れがあります。
しかしビタミンEは、安全性が非常に高い栄養素で一日に800mg程度の
摂取でしたら過剰症の心配はほとんどありません。
人間の体には、ビタミンEの吸収をある程度コントロールする仕組みがあり、
仮に大量にビタミンEを摂取したとしても血中濃度が右肩上がりにあがるということはないようです。
しかしながら、過剰に摂取した場合、「骨粗しょう症」になる恐れが高まるとの実験結果も出ていたり、
最近の研究では「白内障」を患う危険性もあるとの研究結果も出ています。
特に65歳以上の高齢者が過剰摂取した場合、結構な危険が伴ってくるようで、
サプリメントなどでのビタミンEの摂取には、十分気をつけてください。

効率の良い摂取方法は?

ビタミンEはビタミンCと同時に摂る方が抗酸化力が高まり、単品で摂るより効果が期待できます。
また、活性酸素を無害化したビタミンEは、当然ながら活性酸素を無害化する力がなくなってしまうのですが、
ビタミンCには、その一度働き終えたビタミンEを元の状態に戻す効果があり、
復活したビタミンEは、また新たに生まれた活性酸素を無力化するために働けるようになります。
ですので、ビタミンEを摂取する場合はビタミンCと一緒に摂るか、マルチビタミンなどのサプリメントで
さまざまなビタミンと一緒にバランスよく摂取するようすることが望ましいと言えます。