カロリーバスケットでは、ビタミンDについて詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ビタミンD

ビタミンDは、ビタミンD2 (エルゴカルシフェロール) とD3 (コレカルシフェロール) の総称で、
カルシウムとリンの吸収を促進して血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫でしっかりとした骨をつくる働きがある栄養素です。
また最近では、ビタミンDを摂取することによって免疫力のアップや、
糖尿病・自閉症などにも有効の可能性があると報告もされるようになってきているビタミンです。

ビタミンDといっても1種類だけではなく、D2からD7までの6種類があります。
ここにビタミンD1が含まれていないのは、発見された後で
不純物であったことがわかったために存在しないということになっています。
ちなみに実際には、人にとって重要なビタミンDはD2とD3の2つになります。

ビタミンDの働き

ビタミンDの主な働きは、小腸でのカルシウムとリンの吸収率をよくすることです。
体内に吸収されたビタミンDは、血液を通じ骨にカルシウムを運ぶだけでなく、
骨への沈着も行う骨の生成にとってビタミンDは、とても大切な役割を果たしています。

当然ですが、骨や歯の主な成分はカルシウムなので、ビタミンDが不足すると上手くカルシウムを吸収することができず、
骨が弱くなったり、骨の成長にも障害がでてきます。
またカルシウムをいくら摂取しても、ビタミンDが不足していると、カルシウムはうまく吸収されず、
損失率が上がってしまうどころか、血液中のカルシウム不足を補うために、
骨のカルシウムを分解して血中に流すので、骨が溶けてしまいます。

カルシウムをしっかりと摂取するには、ビタミンDが必要不可欠なのです。

またカルシウムは、骨以外にも神経伝達や筋肉を収縮する働きなどに作用していて、
この働きを持続させるためには、血液中のカルシウム濃度を、常に一定にしておく必要があります。

ビタミンD不足になると?

ビタミンDが不足すると、ビタミンDとカルシウムは強く結び付いているため、カルシウム関係にも影響がでてきてしまい、
その結果、骨は骨軟化症という、骨粗鬆症よりひどい状態になってしまうこともあります。

特に成人未満の成長期の子供が、ビタミンDの欠乏になると、くる病やO脚、成長障害や歩行障害などがおこってしまいます。
現代の日本では、ビタミンDが不足しがちな乳児が増えてきており、その原因は、アトピーを恐れていることにより
乳製品を避けてしまいがちなのが原因かと思われています。

母乳はカルシウム豊富なのですが、ビタミンDがほとんど含まれていないため、人工乳を摂取することも必要なのです。
このようなビタミンDの不足からくる「くる病」が最近増えてきており、問題としてとりあげられることもあります。
ビタミンDが多く含まれている食品

ビタミンDを豊富に含んでいる食品は、魚介類や卵、きのこ類などがあげられます。
なかでも魚介類には、まぐろやかつおなどはかなり豊富に含まれています。
きのこ類はきくらげやしめじなどがビタミンDを摂取するのにオススメの食材です。

日光浴でビタミンD不足の解消

ビタミンDは人の体内で生成することが可能なビタミンです。
その生成は皮膚で行われるのですが、その皮膚でビタミンDをつくるには紫外線の力が必要となってきます。

ビタミンDは紫外線に当たることで作られます。なので、日光に当たらないとほとんど作られないため、
必然的に日光に当たらないといけないのです。

ではどのくらい日光に当たれば、ビタミンDは生成されるのでしょうか。
今の研究によると、基本的には晴れた日に顔と腕の肘から先を15分程直射日光に当てるだけで、
ビタミンDが合成されると考えられているので、この時間を最低限の目安として日に当たるのが理想といえます。