カロリーバスケットでは、ビタミンCについて詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ビタミンC

ビタミンCは、アスコルビン酸水溶性とも呼ばれる水溶性ビタミンの1種で、
サプリメントもさまざまなものが販売されているメジャーな栄養素です。

このビタミンCは、私達の身体活動で重要な役割を果たしており、コラーゲンの合成に深く関係しています。
では、そのコラーゲンの合成は体にどんな効果をもたらすのでしょうか?

それは簡単に言うと、コラーゲンの合成は健康な肌を作る働きに深く関わっています。
そのためビタミンCを摂取することは、美容にいいとされているのです。

またそれ以外にビタミンCには酸化を防ぐ働きがあり、体の酸化を防ぐということは老化を遅らせることにもなり、
その他ストレスやタバコ・紫外線などによって発生した活性酸素をビタミンCが身代わりに酸化されることで、身体を酸化から防いでくれています。

このようにビタミンCは、美容にとても心強い栄養素なのです。

ビタミンCを逃がさない調理方法

しかしながら、ビタミンCはとてもデリケートで、私達の日常生活においてどうしても不足しやすい栄養素なのです。
まずその理由の1つに、ビタミンCは私達の体の内部で生成されないビタミンで、基本的には食事から摂取するようになります。
ビタミンCは、野菜や果物などに多く含まれていますが、
料理の方法や・食品の保存方法によって含有量がかなり変わってくるため、少し摂取には工夫が必要です。

まず、ビタミンCは活性酸素によって酸化されやすいので、野菜や果物などを切ったらできるだけ早く食べないと
どんどんビタミンCが失われていきますし、摂取した量が少ないと十分に体内の活性酸素を除去すること出来ず、美容効果が求められません。

またビタミンCは、野菜の調理によって失われる割合はおおよそ50~60%とされています。
その理由は、熱と水にビタミンCが弱いため、水にさらしす過ぎたり、野菜を加熱したりすると
みるみるうちにビタミンCが減っていくためです。長時間加熱する調理法で、煮たり、ゆでたりすると結構なビタミンCが損失してしまうため、
上手な調理方法としては、炒めた方が、ビタミンCの損失が煮たりするより少なくていい調理法と言えます。

また、一度調理した野菜などを電子レンジなどで再加熱すると、当然ながらビタミンCの損失が始まりますので
できる限り温め直すといったことは避けた方が多くのビタミンCを摂取することができます。

以上のことを考えると一番効率よくビタミンCを摂取するには、生の野菜をすぐ切って食べること、
サラダにして食べることが一番いいことということになります。

しかしながらサラダを毎日たくさん食べることが苦痛という人も少なからずいると思います。
そういう人や、仮にサラダを毎日たくさん食べても問題ないという人でも、野菜をスープにして食べること方法は非常に有効だと思います。
その理由は、スープやみそ汁、鍋などは、一度溶け出してしまったビタミンCを、汁を飲むことによって摂取することが可能なので、
ビタミンCを逃がさずに体内に摂取することができるからです。

ビタミンCは体内で作られないので、しっかりと摂取すること

ビタミンCという栄養素は、体の中で合成されない上、水溶性なのですぐに体外に排出されてしまいます。
しかもなるべく体内のビタミンCを切らさないようにしなければならないので、こまめに摂取する必要があります。

また、喫煙者の方やアルコールを良く飲む人などは、体内のビタミンCの消費率が高く、普段の食事だけで全てのビタミンCを摂取することはできないので、
その場合はサプリメントなどでビタミンCを摂取し、栄養を補った方がいいと思われます。

ビタミンCを摂取する最適な方法は、食後にあまり時間を空けずに摂取することです。
そのことによって吸収率が上がるので、食後にサプリメントを摂取することをオススメします。

オススメの食材

食材の中には炒めたり、煮たりしてもビタミンCが失われにくい食材があります。
それは、ジャガイモ、さつまいもなどの穀物類です。

彼らに含まれているビタミンCは、デンプンに守られてあまり酸素に接触しないので、
加熱してもビタミンCは壊れにくいのです。

なので、カレーや肉じゃが、焼き芋などの食材はビタミンCが意外にも失われず、摂取できる料理なのでオススメです。

また食後に果物を食べることも、効率のよいビタミンCの摂取方法です。
果物の場合は、ほとんどがそのままの状態で食べることができ、料理をする手間もなく素早くビタミンCを摂取することができるので、
かなり理想的な食材といえます。また、加熱をしないのでビタミンCが失われにくく、非常に効率の良い食材なのです。