カロリーバスケットでは、ビタミンB6について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ビタミンB6

ビタミンB6は、3種類の天然型ビタミン(ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン)の総称で
水に溶ける水溶性のビタミンB群の一種です。
ビタミンB6はアミノ酸の代謝に効果を発揮するビタミンで、たんぱく質からエネルギーをつくり出したり、
筋肉や血液などがつくられたりするときに働くものです。
また、ビタミンB6は皮膚や粘膜の健康維持に働きます。

ビタミンB6の主な働き

ビタミンB6は、アミノ酸の代謝に効果を発揮するビタミンです。アミノ酸がエネルギーに変換されたり、
アミノ酸を生成という働きを持っており、たんぱく質の摂取量が多ければ多いほど、必然的にビタミンB6の必要量も増えてきます。

たんぱく質が含まれている肉類や魚類・卵・その他の食品は、体内で一度アミノ酸に分解され吸収された後、
人間の体に必要なたんぱく質に再合成されます。アミノ酸にも様々な種類がありますが、
我々の生命維持に必要とされるのが20種類のアミノ酸で、この中の1つでも不足していると
たんぱく質の合成はうまくいかない可能性があります。

また神経伝達物質は合成される時、アミノ酸を必要とするため、ビタミンB6には神経伝達物質を合成する働きを促す作用があります。
ちなみに神経伝達物質は情報のGABA「γ-アミノ酪酸」やα-アミノ酪酸、
ドーパミン、セロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリンなどがあります。

もし、ビタミンB6が不足するとどういったことが起こるのか?

ビタミンB6は食品からだけでなく腸内細菌からもつくられます。
なので、不足しすぎるということはほとんどありませんが、妊娠中や、ピル (経口避妊薬)を
飲み続けている方は、ホルモンの関係でビタミンB6の必要量が増加し、不足しやすいからだになります。
また、抗生剤を長期間飲んでいる方は不足することがあります。
ビタミンB6が不足すると、湿しんなどの皮膚炎や舌炎、口内炎、口角炎、結膜炎、貧血などがみられます。

また、神経に異常が出て、末梢神経障害、けいれん、手足のしびれ、眠気、
不眠症、食欲不振、倦怠感、情緒不安定、中枢神経の異常などが起こることがあります。

つわりの症状を軽くするために

妊娠すると、アミノ酸の1つである「トリプトファン」の代謝がうまくいかずに、尿中にキサンツレン酸が増加します。
これがつらいつわりの原因となります。このつわりの症状を和らげるには、体内のビタミンB6を不足させず定期的に摂取することで、
そのつらい症状を少し抑えることができます。

またビタミンB6には、月経前のホルモンが崩れて起こる腰痛や頭痛などの月経前症候群を解消する効果も期待できます。

ビタミンB6を多く含む食品

ビタミンB6が多くが含まれているのは、魚類だとマグロやカツオ、肉類だと牛肝臓や鶏ささみ、鴨肉などがあり、
また果実や野菜は、くるみ、バナナ、メロン、じゃがいも、キャベツ、アボガドなどがビタミンB6を豊富に含んでいます。
野菜や果物などはできるだけ冷凍保存などをせずに、フレッシュな状態で食べると効率よく栄養素を摂取することができます。