カロリーバスケットでは、ビタミンB2について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ビタミンB2

ビタミンB2は、水溶性のビタミンB群の一種で、別名リボフラビンとも呼ばれてる栄養素です。
主な働きは、炭水化物・たんぱく質・脂質の代謝を促進し、粘膜や皮膚の健康維持や成長に関わります。

また、脂肪をつけにくくする性質があることから、ダイエットを行う際に注目すべき栄養素の1つです。

世間的にビタミンCは美容にいいというのは結構広まってはいますが、
実はビタミンB2には肌を作る際に重要な働きすることから美容にいいビタミンなのです。

なお、ビタミンB2は水溶性ですが水に対しては少し溶けにくく、酸や熱には比較的安定していますが、
紫外線や光、アルカリなどに対して弱く、分解されやすいため、
ビタミンB2を含む食品はなるべく冷暗所に保存することで、
ビタミンB2の損失を抑えることができ、効率良く摂取することが可能になります。

口内炎やニキビに強い味方になる栄養素


ビタミンB2は、口内炎やニキビを直す際に非常に役立つ栄養素です。
性質の一つに粘膜の保護を行う働きがあり、口内炎を予防または改善することできます。
また、ニキビの発生原因の1つである脂質を分解してくれるので、脂っぽくないお肌を維持することができます。
ビタミンB2には、皮脂の分泌自体を調節する働きもあるため、
ニキビを早く治したい時にはできるだけ摂取したいところです。

ビタミンB2が不足すると?

ビタミンB2が不足してくると、なかなか脂質の分解がうまくいかず、脂質をエネルギー源として使いにくくなります。
そのことから、次第に肌荒れなどが起こり、口角炎や口唇炎、舌が腫れて痛みを伴う舌炎など、
お口周りの粘膜に症状が現れてきます。

他にも胃や肛門などの粘膜にも影響が出る恐れがありますが、
一番早く症状が出るのは、新陳代謝が早く、細胞の生まれ変わりが早いお口周りになります。

また、成長期の子どもが長期にわたりビタミンB2の不足で生活していた場合、
エネルギー代謝関連に支障が出て成長障害を起こすことがありますので、注意が必要です。

一応ビタミンB2は腸内細菌によって体内でも生成されますが、
水溶性のビタミンのため蓄えておくことができないので、運動部の子供や激しい運動を社会人の人、
妊娠中の方などは多くのエネルギーが必要となる分、ビタミンB2の不足に陥りやすいので、
意識的に毎日摂取するとうに心がけた方がいいでしょう。