カロリーバスケットでは、ビタミンB12について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ビタミンB12

ビタミンB12は深紅色をした水溶性のビタミンB群の一種、またコバルトを含むビタミンの総称で、
ヒドロキソコバラミン、アデノシルコバラミン、メチルコバラミン、シアノコバラミン、スルフィトコバラミンがあり、
ビタミンB12は、微生物以外では合成されないので、植物性の食品にはほとんど含まれていない物質になります。

またビタミンB12は赤いビタミンやコバラミン、造血のビタミンなどとも呼ばれたりしており、
悪性の貧血に有効、精神の安定や造血に不可欠なビタミンになります。

ビタミンB12の主な働き

ビタミンB12は、細胞の分裂時に必要な補酵素で、葉酸と協働して血液中の赤血球や核酸の合成に働き、
ヘモグロビンの合成を補助する効果があります。どちらか片方が欠けると「悪性貧血」といわれる
「巨赤芽球性貧血」になってしまう他、赤血球の減少に繋がります。

その他にビタミンB12は、ビタミンB6と葉酸と一緒に肝臓の働きを助けています。
その働きから「ホモシステイン」という動脈硬化の危険因子である物質の血中濃度を正常に保つことができるのです。

ですので、ビタミンB12が不足してしまうとホモシステインという
メチオニンの代謝における中間生成物が増加し、その結果動脈硬化につながるといったこともあります。

またここ最近の研究では、ビタミンB12は睡眠や覚醒のリズムに関わっているということが解明されてきました。
不規則な生活で、睡眠障害が引き起こってしまったら、ビタミンB12を意識的に摂取し、
睡眠のリズムを整えてあげるのがいいでしょう。

不足してしまうと‥‥?

上記にも少し記載していますが、ビタミンB12の不足によって起こる症状の一つに「悪性貧血」があります。
悪性貧血になってしまうと、舌が赤く腫れてしまったり、萎縮性胃炎や知覚障害、下痢や息切れ、
そして食欲低下にもつながります。

ビタミンB12を多く含む食品

ビタミンB12は、魚類だといくらやかつお節、たらこやさんまなどに多く含まれる他、
しじみやはまぐり、かきや肉類の牛・豚・鳥の肝臓などに豊富に含まれています。