カロリーバスケットでは、ビタミンAについて詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンの1つで、基本的には動物性の食品に含まれているビタミンです。
このビタミンAは体の皮膚や粘膜などの健康・機能を維持するのに必要なビタミンで、
体内ではレチノール・レチナール・レチノイン酸など、3種類の活性型で作用しています。

もしビタミンAが不足するとどういったことが起こるのか?

まずビタミンAは皮膚や粘膜の健康に保ち、また眼の機能を正常に動かすために必要な栄養素です。
なので不足がちだと皮膚や粘膜が乾燥し、働きが悪くなり、成長障害などを引き起こす可能性があります。

皮膚や粘膜の働きが悪くなるということは、病原菌やウィルスの侵入を防ぐことができず、
免疫機能を低下させてしまうということにつながりますから、簡単に言うと病気にかかりやすくなります。

またビタミンAは体内で「ロドプシン」という物質を作りだします。
このロドプシンは脳に光の刺激を伝える重要な役割を果たしており、これが体内で生成されなくなると
夕方から夜間にかけて視力が低下し、昼間よりはっきり物が見えない状態、いわゆる「夜盲症」になってしまいます。
ですので、ビタミンAが不足すると暗い場所で微弱な光をしっかりと捉える、感じることができなくなるのです。

ビタミンAを摂取することで得られる効果

ビタミンAは、皮膚の内側と外側の皮膚を正常に保つのに必要な栄養素なので、口内炎や肌荒れを阻止するに効果的な栄養素です。
また、上記の通りビタミンAはロドプシンを生成しますので「夜盲症」などの目の病気も防ぐこともできます。

そしてビタミンAを十分摂取している人は不足がちな人に比べ、ガンの発症率が低下するという臨床結果も出ています。
それはビタミンAが上皮細胞の働きを助けるものなので、皮膚や粘膜に関わるガンの予防に効果が高いのでしょう。

またビタミンAは、動物性食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれるカロテロイド(β-カロテン)があります。

レチノールという栄養素は、身体への吸収率が高いですが、過剰に摂取すると副作用の恐れがあります。
その点β-カロテンは栄養の吸収がおだやかで、少々摂りすぎてしまっても、
副作用の心配はレチノールに比べ低くなっています。

さらにビタミンAには、老化やガン予防につながる活性酸素を減らす抗酸化作用もあり、これもガンの予防になる理由の一つです。