カロリーバスケットでは、ペラグラの症状について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ペラグラの症状

ペラグラは、ナイアシンが不足した時(ナイアシン欠乏症)に起こる症状で、手足の背面や首、顔などに皮膚炎が起きます。
その他に下痢や頭痛、めまい、消化器症状、神経症状を伴い、重症の場合は死に至ることもあります。

ナイアシンは、必須アミノ酸である「トリプトファン」から体内で合成させるため、
「トリプトファン」が不足すると、ペラグラになってしまう恐れがあります。

ペラグラ症状の発症原因

ペラグラを発症してしまう原因は、ナイアシンの摂取不足によってですが、
しっかりと摂取しているにも関わらずにペラグラになってしまう可能性もあります。
それに当てはまる人は不規則な食事をするアルコール多飲者で、
その理由はナイアシンを普通の人よりも消費してしまうからです。

ペラグラの治療の方法

ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)を1日50~100mg投与します。またニコチン酸だけでなく、
他のビタミンBの欠乏を合併することも多いので、ビタミンB1B2およびB6も併用すると良いです。