カロリーバスケットでは、ナイアシンの効果について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ナイアシンの効果

ナイアシンは水に溶ける水溶性ビタミンの1つで、生体中に最も多く存在するビタミンです。 糖質、脂質、たんぱく質から、エネルギーを生産する際に働く酵素を補助する重要な役割を果たしています。 なのでナイアシンは、脳神経の働きを助けたり、体の血行をよくしてくれたりします。 また、アルコールの分解や中性脂肪の減少作用、アレルギー症状や高血圧などの改善、 細胞の増殖や代謝の正常化などさまざまな働きがあるとされています。 これらの働きのおかげで皮膚や粘膜の健康維持を補助することにも繋がります。 また、ナイアシンは「ニコチン酸」の別称で、「ビタミンB3」とも呼ばれています。

ナイアシンが不足すると?

この栄養素が不足してしまうと、皮膚、粘膜や消化管、神経系に影響が出始め、皮膚炎や下痢、口角炎、食欲不振などの症状がでます。 欠乏症としては「ペラグラ」という病気が有名で、顔や手足が赤くなり、乾燥したカサカサな肌になるのが主な症状です。悪化してしまうと頭痛やうつ、胃腸障害や下痢などの神経障害も症状として現れ、成長期の子供が「ペラグラ」になると成長障害が起こってしまいます。 日本は過度にアルコール摂取をしていなければ、ナイアシン不足で「ペラグラ」になる心配は食文化からしてありませんが、中南米ではナイアシンを含む食品が少ないので今現在もペラグラの症状を抱える人がみられます。

ナイアシン不足によるダイエットの効率低下

ダイエットを行うとついついナイアシンが不足になりがちな人が多く見られます。 理由としては、ダイエットのため肉類を少なめにしたり、食べること自体やめてしまう人など 食事制限を厳しくしてしまう人が多いからです。 ナイアシンが不足してしまうと代謝力が低下し、結果としてダイエット効率が悪くなるため、 できるだけ栄養バランスの整った健康的な食事をとることを心がけましょう。

摂取しすぎると?

日本人の食文化でナイアシンの過剰摂取によって健康的に悪い症状が現れることはほとんどありませんが、 仮に食事+サプリメントなどで大量に摂取してしまった場合、皮膚が軽い炎症を起こして肌が痒くなってしまうことがあります。 ただこれは、体にそこまでの悪影響はありません。しかしその状態からさらに悪化していくと、 消化器症状や肝臓障害が生じます。そうなると嘔吐や下痢、便秘などの症状の他、肝機能が低下してしまいます。

皮膚を健康に保つ働きをしてくれる

ナイアシンは、NADという物質に変化すると、体の中にある他の物質と結合し、 「ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチドリン酸」通称NADPへと変化します。 このNADPは脂肪酸が合成される時に水素を供給する働きがあり、DNAやホルモンを生成することにも関わりのある物質です。 この働きは細胞の生まれ変わりを助け、皮膚の健康維持に役立ちますので、肌をいい状態に保つことができます。

ナイアシンが豊富に含まれている食品

ナイアシンは、肉類だと豚レバーや牛レバー、魚類・魚介類だとたらこ、かつおぶし、かつお、煮干し、 穀類だと玄米やスパゲティー、木の実のアーモンド、ピーナッツなどにも豊富に含まれています。 また栄養ドリンクやスポーツドリンクにも含まれいます。 詳しくは下記の表を参考にしてみてください。
ナイアシンの多い食品一覧

  • アーモンド
  • ピーナッツ
  • ドライイースト
  • さば