カロリーバスケットでは、カリウムの働きについて詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

カリウムの働き

カリウムは、体内の細胞内液に多く存在しており、
ナトリウムと協力して、細胞内外液の浸透圧を調整する働きがあり、
我々の生命活動を維持するのに重要な栄養素です。

ここ最近では、一日のカリウムの摂取量を増やすことで、血圧低下や脳卒中の予防、
また骨密度の増加に繋がることが次第にわかってきました。

野菜ではアボカドやにんにく、パセリなどに多く含まれ、
肉類では生ハムや鶏ささみ、豚ひれ肉、魚介・海藻類などでは「こんぶ」や「わかめ」、
「するめ」などが多くカリウムを含んでいます。

カリウムの効果

カリウムは、細胞内外液の浸透圧を調整し、ナトリウムを排出し血圧を下げたり
筋肉でエネルギーを生成するのに重要な栄養素で、不足してしまうと筋肉の動きが悪くなり、うまく力を出せなくなります。

しかもカリウムは、汗と一緒に体外に出てしまうため、
大量の汗をかきやすい真夏などは、ついついカリウムが不足しがちになり、
その結果、夏バテになってしまうというパターンが多いようです。

日常生活で痙攣などが多い人は、カリウム不足の可能性があるので、要チェックです。

その他のカリウムの働きとしては、ナトリウムとともに、神経伝達系に働いており、
目や耳からの刺激を伝える神経細胞に、カリウムが作用しています。

カリウムの不足状態が続くと‥‥?

カリウム不足の状態が続くと、高血圧・低血糖・神経障害・精神障害・不整脈・筋力低下・肌荒れ、などの症状が出る場合があります。

またカリウムは熱に弱かったり、水に溶けやすかったりなど、調理などで失われやすい栄養素です。
さらには、過度なストレスや下痢、コーヒーや酒、
糖分や塩分の多い食べ物が好きな人はカリウムの消費が通常の人より多いので、
カリウムの不足にならないように摂取していく必要があります。

基本的にカリウムは、必要摂取量を超えてもこれといった害はありませんので、
カリウムの摂り過ぎはあまり気にしなくていいようです。(腎機能が低下している人などは別です)