カロリーバスケットでは、カルシウムの効果について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

カルシウムの効果

カルシウムは、骨や歯のもととなり、丈夫な体をつくるには必要不可欠なミネラルです。
ミネラルの中では体内で最も多く存在するミネラルで、全体重の1.0%~2.0%程度を占めます。
また、そのうちの99%は骨や歯の成分として存在しており、残りの1%は血液中や筋肉,神経に存在し、体の様々な働きを助けています。

主な働きについて

カルシウムは体を支えることに必要な骨や歯の主要な構成成分で、主にカルシウム・リン・マグネシウムなどが骨を形成しています。
骨には、カルシウムの溜めておく貯蔵庫のような役割があり、カルシウムが不足した時
副甲状腺ホルモンが働き、骨に貯めておいたカルシウムが血液中に溶け出していき、その不足分を補います。
そのため、骨にあるカルシウムは「貯蔵カルシウム」と呼ばれています。

また、この骨からカルシウムが溶け出す状態が長く続くと、次第に骨が弱くなっていき
中身がスカスカになる「骨粗しょう症」になってしまうので、カルシウム不足には注意が必要です。

その他の働きとしては、擦り傷などで出血した時、その傷口の出血を止めるために血液が固まる働きにも関わっている他、
カルシウムには筋肉の収縮の補助や、神経伝達が正しく行われるように保つ効果、
緊張や興奮を静めてたり、イライラなどのストレスを和らげたり、心を安定させる働きなどがあります。

不足すると‥‥?

まずカルシウム不足が不足してしまうと骨の成長に支障をきたします。
特に成長期の子供の場合、カルシウムが不足している状態が続くと、本来成長する予定だった体格まで成長しない事もあります。
成長した大人の方でもカルシウム不足が続くと「骨粗しょう症」になりますので、しっかりと摂取しなければなりません。
(もちろん子供でも骨粗しょう症になりますので、注意が必要です)

その他の症状としましては、血液バランス乱れたり、足がツリやすくなったり、
ちょっとしたことでもイライラするようになります。

最近では、米・魚を主食とした日本の食生活から、食事の欧米化、またインスタント食品の多用など食生活の変化などから
カルシウム不足の人が多くなってきているのが現状です。

ダイエット中のカルシウム不足に要注意!

ダイエットをしていると、カルシウムに限らず栄養が全体的に不足してしまう人が多いと思います。
特に長期間カロリーダイエットを行っていると、どうしてもカルシウムが不足しがちです。

ただ最近では、カルシウムには脂肪の吸収を妨害する効果があることが確認できており、
カルシウム不足だと、ダイエット効果があらわれにくいという事実までわかりました。

ですので、カルシウム不足にならないようしっかりとカルシウムを摂取しましょう!

なおカルシウムは、ビタミンDが存在しないと腸から吸収されません。
ご飯や麺など炭水化物と一緒に食べると吸収率がアップするので、そういったことも意識して食事をするようにすると効果的です。

カルシウムがよく含まれている食品

  • チーズ
  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • ごま
  • しらす干し
  • ししゃも
  • ひじき