カロリーバスケットでは、ビオチンの効果について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

ビオチンの効果

ビオチンはビタミンB群の一種で水溶性のビタミンになります。
特徴としては、水に溶けやすく、熱に弱い特徴を持っており、
ビオチンをはじめ、水溶性のビタミンを含んだ野菜などを長い時間水につけておくと
栄養素が流れてしまいますので、素早く洗うようにするのがオススメです。

また熱にも弱いので、できるだけ火を加えないような調理方法で摂取するのがいい望ましいです。

しかしながら、ビオチンは水溶性のビタミンですが、食品中ではたんぱく質と結合した形で存在しているため、
他の水溶性のビタミンよりも壊れにくいという特徴を持っていますので、他のビタミンよりは損失しない栄養素です。

なお、ビオチンを必要摂取量以上に摂ってしまっても水溶性ビタミンため、尿中に排泄されるので過剰症の心配はありません。

ビオチンの働きについて

ビオチンはエネルギーの代謝を補助し、ブドウ糖のリサイクルから、
アミノ酸の代謝に関わる「カルボキシラーゼ」という酵素の機能を助ける補酵素として働いています。
さらにビオチンは、アトピー性皮膚炎の治療なども有効な成分で、皮膚や粘膜の健康を保ったり、
肌や髪の美容に欠かせない「コラーゲン」の生成補助もしてくれています。

また「チリ」や「ダニ」などのアレルギー物質が体の中に侵入すると、「ヒスタミン」と呼ばれる化学物質が発生します。
このヒスタミンには、皮膚の炎症を引き起こす特徴があるのですが、ビオチンはこの物質の元とである「ヒスチジン」を体の外へと排出して、アトピー性皮膚炎の原因となる物質を減らす役割も持っています。

不足すると?

ビオチンの不足が続くと、皮膚炎や結膜炎、舌炎、脱毛や白髪の増加などがあります。
他の症状としては、疲労感が増したり、何もやる気が起きなくて憂うつになったり、
吐き気や運動失調、けいれんなどがの症状が見られます。

ビオチンの欠乏症になる原因としては、同じ物ばかり食べたり
極端に偏った栄養の食生活をしていると欠乏症になることがあります。

他には、体内で生成されるビオチンが長期間の下痢などで腸内細菌のバランスが崩れると産生量が減少し不足する場合もあります。
乳児の場合は、この消化管がまだ十分機能していないため、ビオチンが不足する場合もあります。

また卵にもビオチンが含まれており、生の卵白を大量に長い期間食べ続けるとビオチンが不足していきます。
理由としては、「アビジン」というたんぱく質がビオチンと強く結びつく性質をもつため、
ビオチンの吸収を妨げるからです。(これを「卵白障害」といいます。)
卵を加熱するなどの調理を行うと「アビジン」の性質が変化し、ビオチンと結合しなくなるので、何も問題はなくなります。

ビオチンを多く含む食品

ビオチンは、レバーや魚介類、、豆類の大豆やピーナッツ、野菜類ならほうれん草、グレープフルーツなどに多く含まれています。
ビオチンを効率的に摂取には、ビオチンと一緒にビタミンB1B2葉酸、やパントテン酸など
他のビタミンB群と一緒に摂取すると吸収率が良いのでオススメいたします。

健康なダイエットのためにビオチンをしっかりと摂取しよう!

健康的に体をしぼっていくには、しっかりとバランスの良い食事をとる必要があります。
ビオチンを含め、他のビタミン・ミネラルも必要最低限摂取して、ダイエットを成功させましょう!