カロリーバスケットでは、レモンのカロリーと栄養について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

レモンのカロリーと栄養

レモンの写真"

レモン100gのカロリー 26kcal

レモン1個のカロリー 16~30kcal

レモンの主な栄養素

ビタミンC/葉酸

期待できる予防効果

肌荒れ/疲労回復/風邪予防/動脈硬化

レモン100gのカロリーは、約26カロリー(kcal)になります。

レモンはミカン科ミカン属の果物で、主に通常のレモン(黄色)と皮の色が緑色のレモングリーンがあります。

日本国内では、広島県や愛媛県、和歌山県などが生産量が多く、その他の地域でもレモン栽培が行われている上、アメリカなどの外国から輸入されてくるので、一年を通して常に仕入れることができます。

また国産のレモンは、冬場に差し掛かる10月頃からグリーンレモンの収穫が始まり、12月から3月頃までが通常のレモンの旬の時期となり、それ以外の時期のレモンは基本的に外国からの輸入品のレモンとなります。

レモンの栄養

レモンは別名クエンと呼ばれる程「クエン酸」を含み、このクエン酸は身体の疲労回復に役立ったり、脂肪燃焼などに効果を発揮することから、多くのスポーツ選手が練習や試合中に好んで摂取する栄養素です。
そしてもう一つレモンが豊富に含んでいるのが、美容効果や風邪予防に効果のあるビタミンCです。
これは、レモンに多く含まれると有名な栄養で、その他にもオレンジグレープフルーツにも豊富に含まれています。

また、レモンには悪玉コレステロールを減少させる「ポリフェノール」を含んでおり、この成分は動脈硬化や脳梗塞などの予防に効果がある他、肌をキレイにする効果や、むくみを減らしてくれるなどの働きもあり、レモンは美容に大きく役立つ果物です。

また、リモネンというリラクゼーション効果のある成分を含んでいるのもレモンの魅力の1つです。

低カロリーな果物

レモンは100g中26カロリーしかなく、非常に低カロリーな果物です。
しかしレモンをそのまま食べるには酸味が強すぎで、単品で食べるには少々無理があるので、
輪切りしたレモンを紅茶、お肉や魚など、調理の中で上手く使い、上手に取り入れることをオススメします。

美容効果も高く、カロリーも低いダイエットに適したレモンをぜひ活用してみてください。

レモン(100g)カロリー 約26kcal

たんぱく質 0.4g
脂質 0.2g
炭水化物 8.6g
ビタミンA 1μg
ビタミンE 0.1mg
ビタミンB1 0.04mg
ビタミンB2 0.02mg
ナイアシン 0.1mg
ビタミンB6 0.05mg
葉酸 19μg
パントテン酸 0.18mg
ビタミンC 50mg
ナトリウム 2mg
カリウム 100mg
カルシウム 7mg
マグネシウム 8mg
リン 9mg
0.1mg
亜鉛 0.1mg
0.02mg
マンガン 0.03mg