カロリーバスケットでは、グレープフルーツのカロリーと栄養について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

グレープフルーツのカロリーと栄養

グレープフルーツの写真

グレープフルーツ100gのカロリー 38kcal

グレープフルーツ1個のカロリー(可食部) 80~85kcal

グレープフルーツの主な栄養素

ビタミンC/パントテン酸

期待できる予防効果

肌荒れ/解毒作用/不眠症/疲労回復/風邪予防/

グレープフルーツ100gのカロリーは、約38カロリー(kcal)になります。

グレープフルーツは、ミカン科ミカン属の果物で、主にホワイト種、ピンク種、ルビー種の3種類に分類されます。
最もよく売られている一般的なグレープフルーツはホワイト種で、果肉の色が白黄色になっており、その他のピンク種やルビー種などはピンクや赤みがかった色をしています。

日本国内で栽培されているグレープフルーツはほとんどなく、市場で売られているそのほとんどがアメリカからの輸入品です。
ちなみに国内では、鹿児島や熊本などの地域で少量ながら栽培されてはいますが、基本的に手にすることはないものです。

そんなグレープフルーツの旬は、フロリダ産のもので4月から5月頃になります。
ただ、グレープフルーツは一年中安定して売られているので、その時期以外は食べれないということではありません。

グレープフルーツの栄養


グレープフルーツの栄養は、レモンオンンジなどと似ており、ビタミンCパントテン酸を豊富に含んでいます。

またグレープフルーツには、その味の元である「ナリンギン」という成分が空腹を和らげ食欲を抑えてくれる他、
「ヌートカトン」という成分が脂肪の燃焼を増進させてくれるので、グレープフルーツはダイエットに効果的な果物といえます。

その他の特徴としては、ピンク種やルビー種などのグレープフルーツには、リコピンが多く含まれており、
食べることによって動脈硬化の予防や抗癌の効果を期待することができます。

ダイエットに効果的

グレープフルーツは、低カロリーなだけではなく、ナリンギンやヌートカトンといったダイエットに効果的な栄養素が含まれていますが、この栄養素以外にも「ヌートカトン」という交感神経を活性化させる栄養素を含んでいます。

このヌートカトンが交感神経が活性化させることで、脂肪燃焼を促すUCPというたんぱく質が生成され、結果、痩せやすい身体を作ることに繋がります。

ですので、他の果物を使ったフルーツダイエットに飽きてしまった人は、ぜひグレープフルーツを取り入れてみてください。

グレープフルーツ(100g)カロリー 約38kcal

たんぱく質 0.9g
脂質 0.1g
炭水化物 9.6g
ビタミンE 0.3mg
ビタミンB1 0.07mg
ビタミンB2 0.03mg
ナイアシン 0.3mg
ビタミンB6 0.04mg
葉酸 15μg
パントテン酸 0.39mg
ビオチン 0.5μg
ビタミンC 36mg
ナトリウム 1mg
カリウム 140mg
カルシウム 15mg
マグネシウム 9mg
リン 17mg
亜鉛 0.1mg
0.04mg
マンガン 0.01mg
モリブデン 1μg