カロリーバスケットでは、即実践!レタスを長持ちさせる保存方法について詳細に載せていたり、人気のダイエット食品など紹介しています。

即実践!レタスを長持ちさせる保存方法

009

レタスは、長い期間保存がすることができず、傷みやすい野菜です。

そんなレタスをできるだけ長く保存しておくために、有効的な保存方法をご紹介していきます。

長持ちするレタスの保存方法

レタスは、表面に水分があると傷みやすくなるので、まずはよく水気をとり、
ビニール袋などに入れて冷蔵庫で保存します。

その時に、レタスの芯を数ミリ落とし、その切り口に小麦粉を塗るか、
芯に水で湿らした新聞紙やキッチンペーパーなどを当てるようにして保存すると
通常よりも長持ちします。

これはどちらもレタスから水分が抜けていくのを防ぐためにやる方法で、
これで約1週間程、冷蔵保存することができます。

またレタスを使う時は、レタス全体を水洗いせず、使う量だけ外側から葉をはがして
洗うようにすると余計なところに水分がかからず傷みにくくなる他、
包丁を使わないことによってレタスの内側を傷つけにくくなるのでオススメです。

冷凍保存の方法

レタスを冷凍保存する場合は、ビニール袋かフリーザーバッグ(冷凍用保存袋)に入れて冷凍します。

なおレタスは一度冷凍してしまうと、シャキシャキ感がなくなりサラダとしてはあまり使えない状態になってしまいます。

ですが、レタスを加熱するような炒め物やスープなどには使えるので、
レタスを冷凍保存し、次に使うする場合は、できるだけ生で食べずに調理して食べるようにしましょう。

まとめ

レタスは、ちゃんとした保存方法でも約1週間、もって2週間程です。
しかもレタスを2週間も保存しておくと苦味が増してしまい、おいしくいただくことができなくなるので
本来の美味しさのまま食べたいのであれば、1週間以内で食べることをオススメいたします。

事をおいしくいただくために鮮度をできるだけ高く保ち、
いい状態のキャベツを食べるようにしましょう。

以上、レタスの正しい保存方法でした。